審査に通るかの不安

キャッシングの申込み時には審査があります。審査に通らなければ契約はできません。キャッシングで借りたお金は返済しなければいけません。もしも返済能力がない人にお金を貸してしまえば、キャッシング会社は損失を出してしまいます。今はキャッシングの金利も大幅に下がり、審査も厳しくなっているといわれています。そのため、審査に通るかどうかが気になる人も多いです。

 

キャッシングの審査に落ちる理由として最も多いのが、信用情報です。私たちがローン契約などを結ぶ時には、信用情報機関に取引履歴が記録として残ります。今までどこでいくら借入れをして、現在どれだけの債務が残っているのか、全て知られてしまいます。

 

信用情報機関には、支払い履歴の情報も記録されています。今までの支払い履歴から、いつも期日までに返済していたか、返済遅れがあったのかも、知られてしまいます。

 

キャッシングの審査に落ちる人の特徴として、現在他社でも多額の借入れがある人や複数社で借入れをしている人、未払いのローンがある人、過去に支払が遅れていた人などがいます。

 

信用情報に問題がない人、過去にローンを組んだ履歴もない人などは、キャッシングの審査も落ちる可能性が低くなります。

 

その他、借り換えとしてキャッシングを利用する際には今までの返済履歴が重視されるため、直近の半年程度で返済の遅れや不足入金があると審査に通らない可能性が高くなります。特に大きな金額を借りることになるおまとめローンの審査においては正常な返済履歴が求められるため、今後の利用を考える意味でも信用情報は汚さないようにすべきです。